クレジットカード現金化 お金を作る 無職

無職で収入がなくてもまとまったお金を作れる?現金化する目的や方法

まとまったお金が必要なのに無職なので収入がなくて困っている、そうした状況にいるかたは珍しくありません。しかし、いろいろな事情で仕事をしていないかたであっても、現金化を利用すればある程度の金額を手元に用意することができます。
なぜ無職のかたが現金化を必要としているのか、いざという時にはどういった方法で現金化すればいいのか、その方法についても確認をしていきましょう。

 

安定した収入がなければ借り入れをすることができない

 

自由に使える金額以上の現金が必要になった時に、まず調達する手段として思いつくのが借り入れでしょう。しかし、業者側も誰に対しても無条件で貸し付けと行っているわけではありません。貸した後に間違いなく返してもらえるように、安定した収入を得ているか、過去に滞納などをしていないかを審査した上で取り引きを決めているのです。
消費者金融業者では利用者が無理のない返済ができるよう、借り入れ上限額を年収の3分の1までに設定する総量規制を設けています。そのため、収入0の無職のかたは基本的に申請が通ることはありません。総量規制外の銀行のカードローンはそもそも消費者金融業者よりも審査が厳しく、同じく収入のないかたの借り入れはほぼ無理でしょう。
だからこそ、こうした審査外とは無縁の現金化という手段が無職のかたに利用されているのです。

 

無職のかたが現金化をする目的やその用途

 

収入がないかたが現金化する目的として多く聞かれるのが、生活費の足しにすること。貯金だけでは足りなくなった、身内からお金をもらっているけれどもそれだけでは足りなくなった、しかし働いていないのでお金の作りようがないし暮らしていけない、という理由で、審査不要の現金化が行われています。
また、働いている時に作った借金の返済のために現金化しているかたも少なくありません。支払い期限が迫っている中で現金が用意できていないという場合にも、現金化によってピンチを乗り切ることが可能です。しかし、自転車操業になりより負担が大きくなるため、申し込みには十分な注意が必要になります。

 

無職でも実行可能な現金化の手段

 

現金化の方法はいろいろありますが、まず家にある不用品を中古品として売るという手段が手軽でしょう。家電品やゲームソフト、家具から小物まで、需要さえあれば値段がつきますし、リサイクルショップに持ち込むだけではなく、個人間取り引きやオークションを利用することで思わぬ高値になることもあります。
また、働いていた時にクレジットカードを作っていれば、ショッピング枠を利用した現金化が簡単です。専門業者を介せば手続きも楽。希望金額分の商品を購入し、商品の買取やキャッシュバックサービスを受ける体裁で現金を得られます。取り引き時に審査は行われず、連絡も当人間で行われるため誰にも知られる心配はありません。
ただし、カード会社指定の引き落とし日までに、使った分のお金を口座に用意する必要があるため、くれぐれも計画的に利用してください。

 

仕事をしていない状態だからこそ、金銭的な問題を抱える状況に陥りやすくなります。生きていくためには働く必要があるものの、何らかの事情で収入を得られない時に、現金化による調達は手助けになるでしょう。身近なものを売ったり、クレジットカードを利用しての現金化は複雑な手続きを踏まずに行えますし、もちろん懸念される収入、就業状況が調べられることもありません。
とはいえ、現金化によって得られるお金は一時的なものです。本当に困っている時にオススメする手段ではありますが、無理のない範囲内で手続きをするように心がけましょう。