クレジットカード現金化 単身赴任 住所変更

単身赴任中に現金化を行う方法は限定されている?住所変更の有無がポイント

会社員として働いていると持ち家購入や子供を転校させたくないという理由から単身赴任を選ぶ人が少なくありません。単身赴任中に急な出費で現金が必要になった時に、クレジットカード現金化を行う方法は自宅にいる場合と比較して制限されてしまいます。なぜなら、クレジットカード現金化について家族の協力が必要となった時に、必ずしも理解を得られずに反対されてしまうことが多いからです。では、単身赴任中に現金化するためには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

 

キャッシュバック方式による現金化は身分証明書の住所へ購入商品が送付される

 

安全性が高いことで知られるキャッシュバック方式による現金化は、商品売買契約の結果として送付される商品は原則として身分証明書に記載されている自宅住所となります。自宅で商品受け取りが完了することにより、結果的に売買契約の引き渡しが完了したとして現金キャッシュバックが正式に有効となるわけです。単身赴任中期間により住所変更を行わずに赴任していることは珍しくなく、単身赴任期間が1年以内の場合と持ち家があるという理由で生活の拠点が変わらない場合には住民票変更義務が免除されています。キャッシュバック方式によるクレジットカード現金化は、本人名義のクレジットカードを身分証明書に記載された住所地へ送付することにより、確かに本人が取引しているものとして証明する意味合いがあるので正規の取引を行う現金化業者ならば変更できません。

 

商品買取方式による現金化ならば単身赴任中でも補助書類追加で認められることが多い

 

商品買取方式による現金化ならば、単身赴任中であっても現在住んでいる場所が証明できれば取引を認めてくれることが多いです。なぜなら、商品買取方式は商品を一旦受け取り現金化業者へ返送することにより、買い戻すことによる現金化を行うので商品さえ届けばどこであっても構わないからです。また、店舗型の現金化業者ならば古物商として買取するだけで済むので、そもそも厳密に現住所確認を行いません。また、住民票の移動有無までは現金化業者であっても確認できず、運転免許証の住所変更は住民票を移さなくても実は記載事項変更届さえ認められれば可能です。このため、商品買取方式によるクレジットカード現金化は、単身赴任中に使いやすい方法として活用されています。

 

現金化業者が住所にこだわる理由は盗難紛失クレジットカードの利用を拒否するため

 

現金化業者が現住所確認をしっかり行う理由は、盗難紛失クレジットカードを徹底拒否するためと考えられます。なぜなら、盗難紛失クレジットカードを使われてしまうと他の現金化取引に関しても全てチェックされてしまうことになるので、他の利用者へ迷惑が掛かってしまい商売が成り立たなくなるからです。クレジットカード現金化業者にとっては、単身赴任の有無を確認することよりも本人のクレジットカードかどうかという点を特に重視します。補助書類を要求したりクレジットカードと本人確認書類を手持ちした顔写真を送付させるといった厳密な本人確認を行うことは、最終的に同じクレジットカード現金化業者を利用する人全てを保護する意味があるわけです。クレジットカード現金化業者を選ぶ際には、本人確認が特に厳しい会社を選んでおくと安全性が向上します。

 

 

単身赴任中にクレジットカード現金化を行う場合には、キャッシュバック方式は住所地と異なる場合に断られてしまうことが多いです。一方、商品買取方式ならば現在の住所地を証明できる場合に限り、補助書類や顔写真送付といった追加の本人確認を徹底することで認めてもらえます。そこで、クレジットカード現金化を単身赴任中に利用する場合には、問い合わせ時点で単身赴任中であることを説明した上で利用可能な現金化業者を探すことが望ましいです。